忍者ブログ
[513]  [512]  [511]  [510]  [509]  [508]  [507]  [506]  [505]  [504]  [503
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大分時間が過ぎてしまいましたが続きをアップします。
字ばっかりで読みにくいと思いますが、気が向いたら読んでみてください。



月夜見の2CP
朝まで寝よう、本気で思ったときザックに付けていたペース行程表の裏に書かれた妻からのメッセージが目に入る。
これ見たら寝てる訳にいかなかった。

寒い中、ゴールで待たせている人がいるからには1秒でも早く戻らねば…。
ばんび君、皆っちに別れを告げ、先に歩いているからと月夜見を後にしようとすると、2人も一緒に行くと言う。ではゆっくり一緒に行こうか!

月夜見からのほんのちょっとした下りでも捻挫した足首には激痛が走る。
気持ち悪い状態はそのままで中々戻ってこない。

絶対どこかで回復するはず、そう信じて一歩一歩前へ。
一緒だった2人はどうやってバラけたのかよく覚えていない。
御前山への登りではもう虫の息。
ゆっくりなのにハアハア苦しい。

山頂に着くとばんび君が待っていてくれていた。
大分回復しているように見えたので自分達と一緒ではなく先に行くように促す。
ゴールで会おう!そう言ってばんび君は先に。

自分は山頂で腰を落とせるポイントを探し休憩だ。
気持ち悪いがジェルを胃に流し込み、最後のロキソニンとガスターを飲み込む。
頼むぞ!せめて痛みがなくなってくれよ~。

すぐに皆っちも山頂到着。苦しそうだ。
捻挫した足首の状態が悪く、下りはもう限界なので後で追いつくように言ってゆっくり先に行かせてもらう。
段差1つ下るのに「よいっしょ」ってな調子。相変わらずフラフラ状態。

大ダワ近くまで来ると大きな応援の声が聞こえた。
明るさが見えてホットする。休もう、休まないとヤバイ…。
座り込み、先に到着していた皆っちと話をした。

「悔しいね。あれほど楽しみにしていたハセツネなのに…」

ハリ天さんも到着だ。同じくフラフラ状態だがしっかり前に進もうとする気迫は感じられる。
意識朦朧としながら長い間座っていた。

目の前で、ここでやめると言って温かいものを頂く選手数名。
みんな自分より元気そうなのになぁ…。
ザックから最後のパワーバーを取り出しお祈りするように胃に押し込む。
正直、食べたくない。全く食欲がないし気持ち悪い。

トイレを済ませ、皆っちと大ダワからの一緒の旅に出た。

大岳山の登りは先に行かせてもらい、下りで抜かれるパターン。
大岳山山頂、ここでも苦しそうにしているハリ天さんと一緒になった。

今は見えないけどここから富士山が見えるんだよ!とハリ天さんから。
この一言が大きかった。
富士の景色とかそういうのではなく、自分の中で数年前に富士登山競走でハリ天さんに引っ張ってもらったあの出来事のことが「富士」という言葉で思い出したのだ。
後で追いついて下さい。そい言い残し先に下らせてもらった。
 
前方に何個ものライトが集中している。何だ、何だ?
水場があった。
嬉しいなぁ。ハイドレにたっぷり入れ、数口がぶ飲み。
でもヘロヘロ状態はここでも復活しない。一体どうなっているのか。
ベンチを見つけしばし休憩。こんな休憩したレースは初めてだ。

大勢に抜かれても、悔しくても動けない状態。
ようやく重い腰を上げ、先に向かう。

ここからはずっと皆っちと一緒だった。
お互いフラフラしながらでも話しながらだと少しは気が紛れる。
進んでいるフィールドは今登っているのか、下っているのかそんなことも分からない。
先に進まないと休めない、早く休みたい。もうこのことしか頭にない。

「頑張れ~」と聞き覚えのある声。
日の出山で応援してくれていたあんさんの声だ。
 
不思議と一気にパワーが出た。
仲間の応援って本当に嬉しい。
寒い中こんなところで1人応援してくれていたあんさんに感謝。

しばし話ながら東京の夜景を見た。
すごくキレイな夜景。
山からこんな夜景は見たことがない。大分回復したと思った。

元気になったぞ~。
ここからは下る一方だ。
気持ちいい下りの金比羅尾根も待っている。
でもこの日は足首は強烈に痛く、元気になっても走れないのだ。くっそ~。
トボトボ歩くようなスピードで走ったり、歩いたりの連続。

後ろから足音が聞こえると横に寄って道を譲り先にいてもらう。
何人に抜かれたろうか…。

元気になったはずの体調は再び不調になり、寒いのか暑いのか、よく分からなくなってきた。
一緒に走っている皆っちの足下に子犬が3匹いるのが見える。
不思議だ。じっくり見てみると消える。そしてまた見える。夢のようだ。
あまりにも不思議なので皆っちに聞いてみる。
「足下にさっきから子犬がいるけど本当はいないよね」
 
街の明かりが見えたときは嬉しかった。

やっと終わりだ。
もう走りたくない。
休みたい。

不思議とビールが飲みたいはなかった。
トマトジュースとか温かい味噌汁とかそういう物が欲しかった。
 
山を下り、舗装路に出た。
昨年応援していた場所だ。ゴールするという嬉しさはなく、これで休めるという安堵の喜びが大きい。

最後だけ走ろうか?もうここで抜かれるのも嫌だしね。

2人で走り出す。
ゴールの明かりが見えたとき、ゴールしたとき、今までの苦しさが嘘のように生き返った。
妻や仲間がすぐに駆け付けてきてくれた。
何を話したんだろう。
多分、悔しいとか言っていたんだろうか…。

午前4時を回ったまだ暗い朝方、自分にとっての初のハセツネは幕を閉じた。


IMG_0658000.JPG


































もう走りたくない。
走らなくていいんだ。

さっきまでそう思っていたのに…。
家に車を走らせ、時間が経過するごとに変わってくる。

自分の力を過信していた自分が情けなく感じ、その悔しさは1秒経つごとに大きくなり、数日経った今ではすぐにでもまたやり直したい思いである。
 
来年はこうしよう。
来年はこんな対策を。

ここ数日はこんなことばっかりです(笑)


妻が撮影したランナーの勇姿の写真をこちらにアップしましたのでどうぞ!
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
壮絶…
読んでいて数年前の自分を思い出しました。
1年かけてこれだけの為に準備して、ハリ天さんに前日ばっちりテーピングしてもらい、補給も考えに考えて、半日切るぞ!と挑んでも、それでも何が起こるか分からないのがこのレースですよね。
一体なにが違うのだろう??
悪魔のいたずらや魔物のささやき…

絶対来年リベンジしましょうっ!!
突貫野郎 2011/10/29(Sat)10:34:19 編集
感動しました
ハセツネお疲れ様でした。レポートを読みながら、こんな過酷な状況でも、最後まで走りきったさんぽさんに、真の強さを感じました。
DMJ、さすがです。

こうしたレースが、次への血肉になっていくのですね。
明日の宇都宮トレイルラン、お世話になります!
陀羅仏 2011/10/29(Sat)15:48:43 編集
生涯ハセツネ
とんでもない状況になってもしっかり帰ってくるところが流石隊長ですね!本当にお疲れ様でした。
初ハセツネどうでしたか?
やってきたことが簡単に出せないのがこのレースの魅力なんですよね。本当に難しい…。
それだけやりがいあると思いませんか?
来年は万全な状態で作戦も万全に練って、今年の気持ちを晴らしましょうね♪
原始人ランナー 2011/10/29(Sat)19:17:08 編集
無題
最後まであきらめずに困難を乗り越えた経験は必ず大きな力になっていますよ!
来年はお互い悔しさを晴らしましょう!

アッキー 2011/10/29(Sat)20:39:48 編集
お疲れさまでした
なかなか読み応えのあるレポでした(^^)
ロングのレースは途中で何が起きるか分からないんですね。それが魅力なのかもしれないですが・・・(^^;)
最後まで諦めずにゴールするメンタルの強さには脱帽です。
きむRUN 2011/10/31(Mon)13:50:17 編集
初ハセツネ!
さんぽ隊長のドラマ見させていただきました!コンディションがけっして良くなかったはずなのに、その折れない心に感銘!自分が恥ずかしくなりました。
ここで味わった想いをみんなで来年につなげましょう!ダァー!
4号 2011/10/31(Mon)20:31:10 編集
無題
お疲れ様でした。

仲間って、素敵ですね。
さんぽさんの努力とか、前向きなところはすごく参考になります。
脳からの刺激が体を作る…宇都宮トレイルランの審判長のお話。

楽しみと思うと楽しみになる。

この日記を拝見させていただいて、ちょっぴりですが…また来年の自分が楽しみになりました。

さんぽさん。
来年のハセツネ対策を色々考えてワクワクしてください。
私は来年のさんぽさんのハセツネ記を楽しみにしています。

1年後が楽しみです♪


猫だるま 2011/10/31(Mon)22:04:52 編集
諦めない!
さんぽさん、どうしちゃったんだろう?とドキドキしながら読んでいました。レス遅くなりましたが読みながら涙が出そうでした。どうしたらそこまで自分を追い込めるのか・・・
Hocke 2011/11/01(Tue)04:56:27 編集
>突貫野郎さん
突貫さんでもそうなんですね…。ハセツネの魅力はそこでしょうね!
自分はこの大会自体をなめ過ぎていました。
来年はしっかりリベンジ出来るように力を付けます。
さんぽ 2011/11/01(Tue)16:55:46 編集
>陀羅仏さん
いえいえ、自分なんぞ大したことないです。聞いたと思いますが兄様は凄かったですよ!
自分は悔しいポイントをいっぱい獲得したので次に生かしたいと思います。
また先日は宇都宮トレランに参加頂きありがとうございました。前夜祭でも色々お話し出来て楽しかったです。
陀羅仏さんの勇姿はしっかり自分の脳に刻み込みました。凄い気迫でしたよ!
さんぽ 2011/11/01(Tue)16:56:20 編集
>原始人ランナーさん
正直ハセツネ=トレイルの東京マラソンぐらいな気持ちでいたのが間違いでした。
このレースは虜になるものがあるレースですね。
厳しくそして熱いレースという意味が身をもって分かり、この悔しい思いを来年ぶつけたいと思います。
さんぽ 2011/11/01(Tue)16:56:53 編集
>アッキーさん
このレースの魅力を苦しんで分かりました。
アッキーさんも善戦していただけに悔しかったと思います。
医務室で横になっていると聞いたときびっくりしました。
自分も悔しさポイントいっぱい貯めていまいましたので、共にリベンジしましょう!
さんぽ 2011/11/01(Tue)16:57:25 編集
>きむRUNさん
多分きむRUNさんも参加すると熱くなると思いますよ~!
トレイルのレースではもはやロングという位置づけではないハセツネ。それでもドMなランナーを魅了するレースだと感じました。
来年は!と久々に思うレースぐらいコテンパンにやられました(笑)
さんぽ 2011/11/01(Tue)16:58:31 編集
>4号さん
折れない心はDMJのみんながいたからですよ~。
今回はコンディニングからして大失敗してしまいました。
それにしてもこの悔しさは何なんでしょうね!
来年YAMAYAさんも共に爆発しましょう!DMJ全員で大爆発ダァ~!
さんぽ 2011/11/01(Tue)16:58:59 編集
>猫だるまさん
お褒めいただきありがとうございます。
いい仲間でしょ!
ド笑む集団DMJはホントいい刺激を与えあって素晴仲間なんですよ~。
来年は納得いくレースをし、気持ちのいいレポが出来るように頑張りますね!
猫だるまさんもポチっとしてみてはどうですか?
さんぽ 2011/11/01(Tue)16:59:30 編集
>Hockeさん
いや~、昨年のオクムのような大失速でした。
一番楽しみしていたレースなのに、コンディショニングからレース展開と全て悪いところが出てしまったレースです。
悔しさいっぱいでこれほどまで感動しないゴールも初めてでした(笑)

さんぽ 2011/11/01(Tue)17:00:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
さんぽ
性別:
男性
ブログ内検索
アクセスカウンター
忍者ブログ [PR]