忍者ブログ
[134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日シューズを買いにスポーツ店に行った際に「OSJ]フリースタイル通信があったので頂いてきました。

IMG_521700000.JPG
特集として5月に開催された「エンデュランスランOSJハコネ50k」の記事が!

思い出す…。

あの過酷で、それでいて素晴らしかった総走行距離55kのトレイルレースが。

時には空へ向かって、時には湖へ向かって走り抜けた箱根外輪山。

私にとってはじめてのトレイルレース。




ゴールした時、「しばらくは山を走りたくない」と感じたほどのキツさだった。
あれから半年経った今、一生の思い出となるくらいいいレースだったと振り返れる。
もちろん来年も参加したいレースのひとつである。


スタッフから素敵な記事が掲載されてあったので紹介したい。


  『箱根を駈ける!!


a81dfa6b.JPG 
自然を愛するものでなければ山を走る資格はないと言える。
「トレイルを外さない」「ゴミを落とさない」「ハイカーへの心配り」これはトレイルランニングを行う上で遵守しなければならない3原則だ。

伊豆箱根国立公園内に位置する箱根は、希少価値のある動植物が生息している。そのため、参加者へは特別な配慮をお願いしていた。3原則の遵守はもちろん、全域ストック使用禁止やエイドステーションでの紙コップ使用を控えることなど。

しかし、もっとも心配されたのは、千名以上のランナーが箱根の登山道に入ることによるトレイルのダメージだった。


 スタート後しばらくすると登山道に入る。58f8fa6d.JPG
予想していたことだがランナーの大渋滞が起こった。だが、トレイルをはずし、前を行こうとするランナーに「トレイルが荒れるだろ!」と注意を促すランナーの声。

 レース翌日、トレイルの状況を観察しながらコースの清掃を行った。千名を超えるランナーが通ったトレイルには、選手の足跡は残ったものの、トレイルを外れた足跡は少なく、コース上に落ちていたゴミは6個のみ。
自然を愛するトレイルランナーたちがこの箱根に集まってくれたことを実感した。
 
トレイルランニングの人気と共に、全国各地で新規レースも増えている。トレイルレースの質の高さは参加者の環境に対する意識にあると言っても過言ではない。

参加者のおかげで成功することができた「ハコネ」。
来年の再会を願う!

 

   応援ありがとうございます 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
本当に良い話です。
登山もこれと全く同じであるべきだと思います。
やまとそば URL 2007/11/08(Thu)18:34:53 編集
同感です
>やまとそばさん
那須清掃登山の時にゴミが全然なかったことを思い出します。
一人一人の意識が大きな結果を生むんですね
さんぽ 2007/11/08(Thu)21:10:09 編集
難しい・・
大会の少し前に導了尊から明神~金時へ歩きました。道が荒れているのはランナーだけのせいではないが、明神からの階段はガタガタ、私が好きだった笹竹のトンネルも幅が広げられている・・。走れば歩くより何倍もの負荷が山にはかかる。実際自分も山のレースに参加しますが、何百人もの人間が一度に山を走るのはどうなんだろう・・といつも考えてしまいます。
NONAME 2007/11/08(Thu)22:09:39 編集
貴重な意見
どなたか分かりませんが、貴重な意見ありがとうございます。
やはりそうでしたか?
レースに参加したランナーとして心苦しいです。
>何百人もの人間が一度に山を走るのはどうなんだろう・・
確かにそうですね。
忘れないように勝手ながら「注目の記事:トレイルランのマナー」にコメントをコピーさせていただきます。
またコメントお願いします
さんぽ 2007/11/09(Fri)06:51:42 編集
たとえば
人間が生活可能な高度は、私のチベットでの経験で言えば標高4,000m位が限度だろうと思います。地球の直径は12,378km、これを1mの地球儀で見たら、人間が生きている範囲は0.4mmに満たない範囲です。この狭い空間で生きている我々が、地球へのダメージを考えるのは如何なものでしょうね。人が千人走ろうが、一万人走ろうが、地球にとって大したことではないように思います。
大切なのは、仰るように人を含む他への思いやりであると考えます。
私は「気持ちよい」とは、さんぽさんが目指す「人の笑顔」だと思います。
河童 URL 2007/11/09(Fri)07:45:23 編集
な、何と!
>河童さん
たったの0.4mmですかぁ?
我々トレイルランナーはその0.4mmで、爆発的にダイオキシンなど出している訳ではないので大目に見てもらえますよね
河童さんの言葉、ちょっと病んだ心にカンフル剤のように効きました。
>大切なのは、仰るように人を含む他への思いやり…
さらに心にしみ渡ります。
ありがたいコメントありがとうございます
さんぽ 2007/11/09(Fri)20:35:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
さんぽ
性別:
男性
ブログ内検索
アクセスカウンター
忍者ブログ [PR]