忍者ブログ
[594]  [593]  [592]  [590]  [591]  [589]  [588]  [587]  [586]  [585]  [584
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本酒好きにはたまらないイベント。

那須烏山市の老舗酒蔵、島崎酒造「東力士」の酒蔵まつりに行ってきました。





まずは洞窟へ!

お店から2kmぐらい、戦時中に戦車を製造していたという洞窟。

年中低温になためお酒の保管に適しているようです。









オーナーズボトルなど大吟醸限定で思いで作りも出来るみたいです。

何か機会があったらやってみたいと思いました。

生きているコウモリもいて雰囲気抜群でした。



市内のお店に行くと、東力士の豪華なエリート達がずらっと並んでいるではないですか!




試飲をする前に酒蔵を見学。

雫取という製法の説明を受けました。

絞り出すのではなく、写真のように吊るした雫を集めるというとても手間のかかる製法のようです。








さて、お楽しみの試飲です。

受付のときに4種類のチップみたいなものをいただき、

4つのカテゴリーを2種類ずつ、計8種類いただけるようです。





「大吟醸 吟」「本醸造」からスタート

「大吟醸 吟」は言うまでもなくスッキリとした味わい上品です。

「本醸造」はまろやかでややパンチのある味わいでした。





続いて洞窟で数年熟成された2品。

山廃仕込の純米熟露枯(うろこ)

熟成した味わいは深くてとても美味しい。






ちょと酔いがまわってきたころ

若い絞りたてを2種類いただきました。

「極一滴雫酒」

どちらもフルーティな味わいと生きている酵母のシュワシュワ感。

酵母の違いから「パイナップル風味」「バナナ風味」のような味わいでした。






日本酒の他にも2種類の試飲がありました。

梅酒、ゆず酒

茂木のゆずを使用しているとのこと。

女性ウケするようなとても美味しい味わいでした。


 




これだけ8種類の利酒がなんと無料。

しかもお土産に酒粕までいただきました。




外には地元の八溝蕎麦のブースも出ていたので、

贅沢なお酒で流してみました。

格別です!




言うまでもありません。

すっかり東力士ファンになった酒蔵まつりでした。

お土産に数本買って帰り、帰宅後更に利き酒大会でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
さんぽ
性別:
男性
ブログ内検索
アクセスカウンター
忍者ブログ [PR]