忍者ブログ
[386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

愛猫のKUMAが天国へ旅立ちました。



IMG_0013000.JPG




















覚悟はしていましたが、悲しいものです。

これほどかってぐらい…。


最期まで可愛いヤツでした。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
そうだったんですか。kumaちゃんは優しいお二人に最期まで看取られて幸せだったと思います。
お悔やみ申し上げます。
原始人ランナー 2010/02/10(Wed)06:23:06 編集
涙がでちゃいました
初めての書込みがKUMAちゃんのお悔やみになってしまいました。
今朝、走る前にブログを読んで、私も長男猫を亡くした時の事を思い出して涙がでちゃいました。
膝の上で最期の息をした時の重さを今も覚えてます。
走りながらもちょっと泣いちゃいました・・・
でも、最期まで可愛いと思われて逝ってしまったKUMAちゃんもきっと幸せだったんだと思います。
ご冥福をお祈りします。
SAKU 2010/02/10(Wed)16:11:58 編集
無題
僕の家にも猫がいて、さんぽさんにお会いしたらkumaちゃんのお話をしたかったのですが残念です。
kumaちゃんのご冥福をお祈りします。
粒平 2010/02/10(Wed)18:15:00 編集
自然の一部である命は必ず巡る。
天の頂に昇られた御霊の平安を心からお祈り申し上げます。
河童 2010/02/10(Wed)22:00:12 編集
無題
よくブログに登場していたKUMAちゃんですね。
さんぽさんとみなちゃんに可愛がられて天国へ旅立ったKUMAちゃんは幸せだったと思いますよ。
酔~いどん 2010/02/10(Wed)23:36:03 編集
家族ですもんね
今は甲斐犬を飼っていますが(今5歳)ですが、
昔はアパート暮らしだったので猫を飼っていました。
20歳直前で大往生しましたが寂しかったのを
覚えています。
Hocke URL 2010/02/11(Thu)09:36:43 編集
無題
>原始人ランナーさん
KUMAは幸せだったのかなぁってずっと二人で話してました。
そう言っていただけると心がホッとします。ありがとうございます。

>SAKUさん
コメントありがとうございます。
SAKUさんも辛い思いを乗り越えているんですね。
昨日は走りながら涙が止まらなくなり、鼻水ダラダラのランになってしまいました。

>粒平さん
今度お会いしたら粒平さんちの猫ちゃんのお話聞かせてください。
トレイルと猫、話が盛り上がりそうですね。

>河童さん
「御霊」この言葉の意味を初めて感じました。
自然の一部ですからね。河童さんの言葉にまたも救われました。
ありがとうございます。

>酔~いどんさん
よくブログに登場していたのでどんさんも覚えているかと思います。
人見知りで自分達二人にしか馴付かないあたりが凄く可愛くて…。
自分たちこそ幸せだったです。

>Hockeさん
本当、家族ですよね。
初めはたかがペットと思っていましたが、段々と家族になり…。
今回のお別れはガツンとやられました。
さんぽ 2010/02/11(Thu)14:01:12 編集
命~
KUMAちゃん、いつみても可愛かったですね~。
ご冥福を心からお祈り申し上げます。
命の大切さ・・・
悲惨な出来事が多い昨今、家族同様だったKUMAちゃんは幸せだったと思います。
やまとそば 2010/02/11(Thu)14:37:05 編集
ありがとう!だよ。。
そか。。ちゃまはさんぽさんちに来るべくして生まれてきたんだよ!幸せに決まってるじゃないですか。今は無理でもいつかは癒えてくる。。そしてコウダッタヨネェ。。って笑って想い出せる時が来るよ。これからもそれまでもず~っと想ってあげてて。。ありがと。。ってちゃまの眼は云ってたでしょ。あぁ、涙が出る。。みなちゃん、しっかり。。
カルちょこ 2010/02/11(Thu)17:24:11 編集
無題
どんなタイトルを付けていいのやら・・・。
家族の一員になり、色々な思い出を残してくれたでしょう。喪失感は大きいですね。もう、鍋には入ってくれませんね。
ヨッシーの父 URL 2010/02/11(Thu)17:50:20 編集
無題
喪失感、大きいでしょう。たくさん涙流してください。立ち直るには、時間かかりますね。
まっち 2010/02/11(Thu)22:40:27 編集
無題
>やまとそばさん
ありがとうございます。
今回、命の大切さ、大きさを改めて感じました。
小さなペットなのに…、命って大きな存在なんですね。

>カルちょこさん
KUMAの眼は確かにそう言っているようでした。
逝ってしまった後のカラダはとてもキレイでこの事実が理解出来なく、不思議で…。
落ち込みましたけど、でも二人で復活しますね。

>ヨッシーの父さん
鍋に入っていたKUMAのこと覚えててくれたんですね。
ホント家族でしたね。自分が調子悪いと心配してか傍に来てくれたり、朝走りに行く時も玄関で見送って、帰ってくると出迎えてくれて…。
喪失感が大きいです。

>まっちさん
走ってて涙止まらなくて、脱水になるぐらい…。
喪失感って大きいですね。心に穴があいたみたいです。
でもしっかり立ち直りますね。
さんぽ 2010/02/12(Fri)05:30:11 編集
うそって言って!!
 会ったことなかったすけれど・・・かわいらしい動画で くびったけでした!!
 でも、お二人の愛情たっぷりで 幸せにしていてくれたんだって 思うので きっと あの キュートな目で さんぽさんたちを 見守ってくれます・・・。
 かわいい姿を 見せてくれて さんきゅうでした。
 しばーーーーらく、お部屋がさみしいでしょうけれど・・・おふたりのこころのなかで 生きる続けてくれマッスル♪
さりーちゃん 2010/02/12(Fri)22:31:58 編集
そういえば
>さりーちゃん
動画アップしたこともありましたね。
KUMAがいなくなったウチは一気に静かになった感じがします。
「こころのなかで生き続ける」素敵な言葉、ありがとうございマッスル♪
さんぽ 2010/02/13(Sat)13:02:54 編集
悲しいです。
久しぶりにのぞいてみたら、くまちゃんが亡くなったと。悲しいです。うちのでーちゃんが亡くなった時を思い出しちゃいました。。。
やますきーお 2010/02/24(Wed)19:02:22 編集
千の風
>やますきーおさん
でーちゃんが旅立った頃(?)、やますきーおさんが泣きながら熱唱していた「千の風になって」を思い出しました。
くまも今頃は千の風になっているかと思います。
さんぽ 2010/02/25(Thu)04:52:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
さんぽ
性別:
男性
ブログ内検索
アクセスカウンター
忍者ブログ [PR]