忍者ブログ
[204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウルトラを走ったのでついでに。

自分がウルトラを走るきっかけとなった本 「ウルトラマラソン 完走の幸せ リタイアの至福 」



走り始めた頃、まさか自分がフルマラソンを完走出来るとも思っていなかったし、ウルトラマラソンなんてその存在すら知らなかった。

初のフルマラソンは走り始めて8ヶ月後。

ゴール後、感動したのか?

予想していたほどの感動はなかったのが事実。IMG_3656.jpg


その後たまたま書店で見つけたこの本。

読んで心が動いた。

こんな凄い世界があるなら走ってみなければ。

そう思って出走したのが走り始めてまだ1年ちょい。

無理があった。

かなりキツかった。

さて、ゴール後、感動したのか?

これは間違いなく感動した。


各関門ギリギリで通過した初ウルトラは102kmという距離。

(半端な2kmが何ともいやらしい)

完走出来ると確信したときはゴール前で涙があふれてきた。

そんな世界。



ウルトラマラソンに挑戦して完走した人は幸せである。

完走できなかった人はもっと幸せである。

失恋の味を知っている人が真の恋の喜びを知るように、いつか完走したときに至福に包まれるはずだから。


IMG_3658.jpg

完走してもリタイヤしても感動出来るなら走ってみないと…。

今年はあと1つウルトラ走りたい







ポチっとな!   応援ありがとうございます
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
この本の著者夜久弘さんは元々ランナーでなくて、37歳の時に健康願望から走り始めてウルトラに魅了されてしまった方ですね。

この本の10年前に出版された夜久さんの著書で「ウルトラマラソンへの道」があります。
そのサブタイトルは、人はどこまで長く走れるのかです。

さんぽさんのウルトラも、どこまで長くなるのかな。
酔~いどん 2008/05/25(Sun)00:39:39 編集
無題
こんちは、茨城のMSMCです。

野辺山の日記読みました。

まあ、どうコメントしたらよいか・・非常にお疲れ様でした、ですね。

問題発言をみつけました

>>ウルトラは80kmから。それまでは我慢、
>>我慢と言い聞かせゆっくり走ります。

80から・・・・自分なら、その前に止めますね。

でも、将来挑戦してみようかとも思います。。。。。


MSMC 2008/05/25(Sun)00:41:37 編集
失礼しました
誤送信でした。中途半端なコメントすいません。

ともかく、お疲れ様でした!!!
MSMC 2008/05/25(Sun)00:43:14 編集
無題
>酔~いどんさん
夜久さんも健康願望から走り始めたんですよね。
自分も一緒。走り始めたきっかけの一文を読んだとき(ランナーズだったかな?)すごく親近感を感じました。
53歳手前で初サブスリー達成ってのもすごい。
自分も夜久さんのようになりたいですね

>MSMCさん
コメントThanksです
ウルトラもいいっすよ!
自分は80km地点がウルトラのスタートと考えています。(それまではアップ)
ここまで来ないとスタートしていないのと一緒と言い聞かせ抑えて…。
ここから独特の辛さがやってくるんですよ
機会があったら走ってみてください
さんぽ 2008/05/25(Sun)06:37:26 編集
感動~
何事も、一生懸命取り組めば取り組んだ結果は出ます。それが、人それぞれにほんの少し違うだけ。感動できんるのは、それをやり切った証・・・。
幾つになってもそんな感動を経験したい。
やまとそば 2008/05/25(Sun)18:25:38 編集
ウルトラマラソンへの道
この本はボロボロになる位読みました!
そして、ウルトラにチャレンジしたいと思い野辺山に・・・。
何だか、中のストーリーと同じに野辺山の60Km地点に未だ自分が置き去りになっています。本当だよ!
だから、その自分を何時か迎えに行きたい気持ちなんですよ。
また、チャレンジしたくなってしまったぜ!!!
前橋のランきち 2008/05/25(Sun)19:38:55 編集
よくわからない!
>ウルトラマラソンに挑戦して完走した人は幸せである。
>完走できなかった人はもっと幸せである。
 たぶん、私は挑戦しないでしょう。挑戦しなかったら不幸かもしれませんし、幸運かもしれません。
 野球の走・攻・守のように、ランニングは速さ、長距離、長時間の要素があるんでしょうね。さんぽさんは、特に長距離、長時間走の素質があります。
ザトペック 2008/05/25(Sun)21:53:30 編集
刺激されるなぁ~ ^^;
四国にも四万十があるなぁ~。

やばいぞ!(笑)
河童 URL 2008/05/26(Mon)07:38:35 編集
出会いを避ける
できるだけ出会わないように避けてきました。
だいたい、10時間以上走っているなんて信じられません。

でも、ときどき信じられないことをしている自分におどろかされることもあるので・・・・。
ヨッシーの父 URL 2008/05/26(Mon)08:11:39 編集
ウ~ン
難燃か前(もちろん走り始める前)図書館でウルトタマラソンについて書いてある本をタイトルだけ見ました。そんな事をできるのは(本当の意味で)超人だと。
心が動いている自分が怖い・・・
Hocke URL 2008/05/26(Mon)10:21:10 編集
無題
ウルトラに挑戦するタイプは女性的な人だと思う
淡々と走る気質がそうかな。気短い男性的な人に
は発想もないと思う。アフリカの炎天下を走る間
平さんを見てそう思った次第どえす御意見だーじ
たーじい 2008/05/26(Mon)18:03:28 編集
無題
遅まきながら野辺山完走おめでとうございます。
手に汗を握るような完走記でウルトラの厳しさと充実感が伝わってきますね。
お疲れ様でした。 
ニャ~ス7号 2008/05/26(Mon)18:36:09 編集
無題
>やまとそばさん
果たして自分は一生懸命取り組んだのか?
結構甘いところあってねぇ…
でも感動したから一生懸命やったんでしょう
7月の富士はやるべきことをすべてやって挑戦しますね

>前橋のランきちさん
やはりこの本読んでいましたか。
「置き去りにしてきたもの」いずれ迎えに行かないといけないですね
って、心カテの件なかったら応援するんですが…

>ザトペックさん
多分、ザトさんは何年か後に走るんじゃないですか
長距離、長時間走の素質?そうかなでも短いのも好きですよ!
で、今度(杉並)では負けませんよ~

>河童さん
その気になっちゃいました
何年先でもいいんで「四万十」挑戦してみて下さい。
上手く言えませんが「いい思い」が出来るかと…。

>ヨッシーの父さん
>10時間以上走っているなんて…
何も何も。10時間以内で走ってもいいんですよ
これからがシーズンですから、どうですか一発

>Hockeさん
心動いちゃいました?
なら何かエントリーしちゃいます~
ちなみに、Hockeさんぐらいの歳のランナーにいっぱい抜かれましたよ

>たーじいさん
ウルトラランナーは女性的な人ですか~?一理あるかも。
それはそうと寛平さんのサハラのTV先日見ました。
いずれ自分も!と思ったのは自分だけでしょうか

>ニャ~ス7号さん
ありがとうございます
苦しかったことはもう大体忘れました。
今は充実感で…
完走メダルの重いこと重いこと。メダル見ているだけで一杯飲めますよ。
さんぽ 2008/05/26(Mon)20:43:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
さんぽ
性別:
男性
ブログ内検索
アクセスカウンター
忍者ブログ [PR]