忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

途中で失速しかけたら二人で声を掛け合って乗り切ろう。
絶対10時間以内でゴールしよう!
目標はサブテンだ~!

気合十分!
IMG_5370222.jpg


IMG_5371222.jpg












スタート前は知っている顔ぶれが何人も。
盛り上がって、盛り上がって…


K7_09281222.JPG

























荒川静香さんの号砲でスタート!
気持ちよくスタート。
幻想的な霧と朝日と八ヶ岳。
数秒の間にどんどん変わっていく景色がまた一期一会だ。



IMG_5374222.jpg


IMG_5377000.jpg













 

 
オーバーペースにならないように気を付けながらゆっくりゆっくり。
 
5km 24’34 (Garmin's Auto Lap)
 
妻やハリマネさんが応援してくれている8km地点。
まるでもうゴールのよう…。。


IMG_5458000.jpg




















 
ゆっくりだ!もっとゆっくりでいい!
ペースを上げるtomoさんを抑えながら順調に前へ。

10km 53'38 (28’50)
 
 
凸凹ロードに入った頃からか
何だか不安の右足首に違和感が感じられる。
気を紛らわすが、その違和感は確実に痛みになっている。
この凸凹が足首を絶妙に痛い位置に導くかのよう。
止まって、足首を回すと激痛が走った。
嗚呼、これはやばい。

15km  1"27'3 (33'53)
 
アンパンマンのサトシさんが追いついてきたのでしばし並走し、色々話して気を紛らわす。
ちょっと先を走っていたtomoさんが自分の失速に気付いて待ってくれていた。
事情を説明し、悔しいがこれ以上走れないことを伝える。

「ダメですよ!サブテンで一緒にゴールしましょう!」手を取って促してくれた。
 
走りたいがケンケンしないと前にいけないような痛み。
痛み止めをもらい、必ず後を追いかけると約束しtomoさんには先に行ってもらった。
 
痛み止めと胃薬を服用し、効いてくるのを待ちながらゆっくり前へ進んだ。
悔しい。体の調子はいい方なのに足がたまらなく痛む。

シューズを脱いで患部を見てみると腱が腫れ上がっていた。
これは見なければよかった。
気持的にも落ち込み、サブテンどころか完走も無理かもしれないという悔しさが込み上げてくる。

20km  1"59'37  (32'06)
 
30分ぐらいで効いてくるよ。
そうは言われたものの、なかなか効かず痛いまま。
すっかり落ち込んでいると、カッパの格好をしたランナーが…。
もしかして…。
やはり同業の大先輩だった!気を紛らわせるためにも積極的に会話に持ち込む。

下りに差し掛かると、どういう訳か痛みが軽減しだした。
しかし登りになるとまた痛み出す。

25km  2"24'30 (24'53)
30km  2'57"41 (33'11)

稲子湯で応援してくれている妻と会っても落ち込んだまま。
エイドは寄らないつもりだったが、おしるこでも食べれば元気出るかと2杯食べる。
でも、痛みが消えず。

35km  3"30'25 (32'44)



IMG_5544222.jpg















「このまま走ったら、この後走れなくなるぐらい重症化するのかなぁ」
気持ちの落ち込みは更にマイナス方向へ…。

下向いて走って、どれくらい経ってからだろうか…。
舗装路になって10kmぐらい経ってからか、40km手前ぐらいから不思議と痛みが薄れてきた。

薬が効いてきた。何と服用してから2時間近く経ってようやく効いてきた。
こうなると気分もよくなる。
治ったわけではないけど、走れるし、動かしているとどんどん動く気がしてくる。

おおお!いいぞ!いいぞ!
IMG_5556222.jpg
40km  3"58'53 (28'28)

脚や尻を叩いて気合を入れ直していると、
遠くにハリマネさんの姿が!
ここで元気注入!

そして妻も発見!更に元気注入!!

さらに先にはYAMAYA’S ヨウコさんも発見!
Mポーズで元気満タン♪


P1010906222.JPG











 
そこからは飛ばしました。
Tomoさん、追いつくぞ~!
エイドは飛ばし、作戦カードを見ながら計算が始まる。
あと60kmしかない

45km  4"22'16 (23'23)
50km  4"47'37 (25'18)

目安としていた50km地点。
ここは4時間半で通過予定だが、時計を確認すると4時間47分。17分遅れだ。
多分tomoさんは予定通り進んでいるとして、約3km差か。

あと50kmしかない。
いつもはまだ50kmもあるのかと思う距離も、あと50kmしかと感じる。
50km地点の蕎麦を一気に頂き先を急ぐ。
 
夢中になって入っていると自転車とすれ違った。
あれっ!!
ISOさんじゃ?「ISOさ~ん!」と声を掛けるとビンゴ♪
何と奥様と自転車で応援しに来てくれていた。
ドMポーズで応援してくれるISOさん、元気いっぱいもらいました!
感謝!感謝!
 
 
そしてすれ違いのゾーンに突入!
いっぱい元気をもらうぞ~♪


IMG_5637222.jpg



















まず初めはよっちマンさん
その後すぐにネオスさん
そしてハリ天さん
この辺は昨年会えなかった高速メンバーだったので嬉しい。
YAMAYAさんは既に通過していたとのこと。


IMG_5621222.jpg

 
 


IMG_5607222.jpg
 
 



 
 
 
IMG_5632222.jpg





IMG_5622222.jpg










55km 5"15'47 (27"47)

そしてtomoさん「復活したから、追いつくぞ!」
更に気合い十分になった。
 
折り返しのエイドでは腹痛もあったので急いでトイレに寄って、おにぎりを手に持ち食べながら追走。
さて、誰が来るかな?
 
Hockeさんとハイタッチ、次は…っと。
え!マジ!
セーラー服姿のあんさん♪
おいしすぎますよ、そのコスプレ。完全にやられました。
それにしてもその格好で凄く速い。
 

IMG_5629222.jpg





















60km  5"46'50 (28'33)

気持ちが高ぶってペースが上がったのか
すれ違いゾーンが終わったら一気に疲れが出てきた。
オーバーペースは確実にしっぺ返しとして脚や心肺機能にひびいてきた。

そんな時またもISOさん夫婦の自転車応援が♪IMG_5642.jpg
水とヨーグルトを頂き、もう嬉しくて嬉しくて。

65km  6"15'22 (27'47)
70km  6"52'52 (36'05)

72地点到達。
ここがゴールのよっちマンさん、ネオスさんに
エールを頂きボスキャラ「馬越峠」へ向かう。

何度来てもこの峠の坂はえげつない。
登り始めるとまた足首に違和感が…。
痛みと疲れでとても走れない

高速ウォーク。
スイスイ歩いて、走っているランナーを抜く。

75km  7"32'29 (37'14)
80km  8"19'45 (47'16)

峠のてっぺんで注入しようと思っていたベスパとアミノ酸を胃に流し込んだ。
足首の状態を確認し下り始める。
登りより下りは大丈夫のよう。

85km  8"45'54 (25'37)
 
サブテンにはどのスピードで走ればいいのか?あと何分? 
必死で見えないtomoさんの背中を追いかけるが、ここら辺で限界っぽい。

ストレッチのため90km地点のエイドに寄り、
ここでうどんを頂き、さらにおにぎりも頂き走りながら食べる。
スピード落ちているのに息が上がるし、足首はまた痛み出してきた。

garminがピコピコうるさい。
よく見てみるとメモリーがいっぱいで90kmのラップがとれないらしい。

ラップはどうでもいいや。
電源オフ。
時間もなにもさっぱり分からなくなった。
 
もうゴールしたかな?
どうだったんだうか?
 
先にエイドが見えたが93km地点とある。
あれから3kmしかたっていないのか…。
 
時間が分からないから、まだ諦めないぞ~!
しかし疲労がピークのようで
走れる程度の登り坂も走れず歩く。
ちょっと走って歩くの繰り返し。

そうした中、「さんぽさ~ん」
ん?突貫さんらしい人が車で去っていった。
まさか、突貫さんは走っているはず。ここにきて幻覚・幻聴が出たのかと思った。
 
昨晩の熱かったサブテンへの思いを思い出しながらトボトボ走る。
スピードは多分キロ7分程度まで落ちているがそれ以上上がらない。
 
ここでつらいのは誰だって同じ。
せめてここから先は歩かず走ろう。
 
不思議なもので歩かないと足首は痛まない。
残り3kmのエイドには立ち寄らず、走り続ける。

次第と大きくなってくる前方のランナー。
あれ!カッパの仮装♪
色々と話たかったがスピード緩めると足首が痛むので軽く挨拶を交わす程度でゴールを目指す。

おばちゃん達のエールを受けてゴールへの気持ちが高ぶる。 
角を曲がるとその先にはtomoさん、YAMAYAさんの応援部隊が!



IMG_5675.jpg


 








 
ハイタッチをして戻ってきたんだなって実感。
そしてゴール。
疲れたぞ~。
 
ゴールではハリ天さんと握手、そしてハリマネさん、すうざんさんとも。

Goal  10"31'54


R0027087222.JPG
















 
気になっていたtomoさんの記録を聞くと「やりましたよ!」の返事。
嬉しかった。
 
100kmの道のりは自分にドラマがあったようにtomoさんにもあったはず。
そのドラマの最後が目標達成ならば最高の100kmだったに違いない。
おめでとう!
 


IMG_5683222.jpg


























 
今回は序盤から足首の痛みがあったり、気合いの空回りなどで途中失速したりと色々でしたが、
応援してくれた方々のおかげでゴールまでたどり着けて何よりです。
 

R0027090222.JPG


























 
痛めた足首は4日目にしてまだ腫れたままですが、重症化には至っておらず翌日からもゆっくり走行可能な程度まで復活しています。
 
来年は別なレース(道志)にしようかと思ってましたが、このままじゃ終われません。
万全の状態でサブテンを狙いに来ます。
 
(ハリマネさん、YAMAYAさん、写真使わせてもらいました Thanks! )



PR
「足首周辺の痛み」ずっと続く不安材料

これさえ出なければ完走出来るはず

どうにか完走さえ出来ればいいや

本気じゃないから調整はなし



と考えていた今回の野辺山100km。
 

 
今思えばこれ全てが挑戦への逃げでした。
 
逃げているから作戦なんて大して考えないし、緊張感もさほどなし。
 

そんな自分に点火してくれたのが前日のtomoさんのお誘い。

「一緒にサブテン狙いましょう!目標は9時間55分です」

目標タイムを聞いたとき昨年のハリ天さんの野辺山レポを思い出してました。

マカニさんとデットヒートを繰り返し9時間55分でゴールした昨年の熱いレポ。


そして差し出された作戦タイムスケジュール。

そこには昨年のハリ天さんとマカニさんのラップも記載してあり実に良くできている。

 


IMG_5699000.JPG




























パウチしてあるそれはレース中も腕に巻いて見ながら走れるという優れもの!

しかも自分の分までしっかり作ってくれているでは。



 
実は何度かtomoさんにはサブテン狙いませんか?と言われてたものの、

そんなレベルでもないし調子もよくないので「いやいや…」と応えていた。

でもこれを見たからには「tomoさん、やるよ!俺!」「一緒に狙おう!」

正直しびれました。

 

P1010952111.JPG






















 

(写真はYAMAYAさんより)



 
会場ではいろんな方々とお会い出来ました。
 
15時半頃なのにもう前夜祭のチケットは完売らしい。

ネオスさん、先に買ってもらっててどうもでした。
 
YAMAYAさん、よっちマンさんと合流。  よっちマンさんもドMポーズ
 
 IMG_5338111.JPG
 























過重労働でフラフラのよ~ぢさんと合流。Hockeさんも!


IMG_5342111.JPG






















そして駐車場に戻り、頂いた作戦カードを眺めていると、ハリ天さん、ハリマネさん登場。
 
ハリ天さんにサブテンのレクチャーしてもらいながら更に気持ちはヒートアップ。



IMG_5339111.JPG

IMG_5341111.JPG
 
 












この熱い思いは、とりあえず心の中にしまって前夜祭へ

会場では前夜祭の準備運動。

この2人は既に数本空けてました。

ネオスさん、よ~ぢさんは前夜祭が本チャンで、レースはついでだとか…。

 
IMG_5344111.JPG





















突貫さん、えくんちょさん、矢板RCのガソさんと友達さん、Y谷さん


IMG_5350111.JPGIMG_5354111.JPG














IMG_5359111.JPG

多くの方々と色んな話をし

そして、ここでもtomoさんと作戦を考えながら

「体育会で行くぞ!」 すっかり興奮状態。
 
 
 
そして場所はスナックエステマに移り二次会へ…。




今回はマスターのよ~ぢさんが

過重労働の疲労で早くも撃沈していたので早めにお開きです。
 

IMG_5363000.JPG

 











 
作戦カードを眺めながら、ワクワクする気持ちが緊張感に変わりながら就寝。




そしてレース当日

3時起床!体調はばっちり♪


さぁっ!

いくぞ!野辺山!!


IMG_5365000.JPG





























今日はここまで

レースレポはまた後日にします。
 

☆★ 先に写真はこちらにアップいたしました ★☆


 

いっぱい食べてゴールを目指そう

なんてゆるゆるで考えていた今年の野辺山。



レース前日にtomoさんに

「一緒にサブテンを狙いましょう!」と言われ

一気に熱くなってしまいました。



IMG_5568000.JPG





























tomoさんの熱いスピリッツに影響されてやってみようかと。

で、すぐにその気なっちゃう自分。。。



でもやはり力不足。

今回サブテンは無理でしたが

次は狙えるかなって感じました。



なので来年こそはサブテンを!



ますは速報  10’31”54  


詳細はのちほどアップします。


 

久々にどでかい筋肉痛に見舞われ

体がなかなか動いてくれません

車の乗り降りがやっと



色んなことがあって何度かあきらめかけましたけど

ゴール出来てよかった




CIMG3552.JPG





























今回のトレイル100km

プロデュースの石川さんが言うとおり 「旅」 でした



スケールの大きな 「旅」

「旅」 の中で多くのことを体験出来たと思います




詳細は後ほどレポしますが

今回、このレースに参加出来てよかった




タイムは目標から随分過ぎてしまいましたが

旅の終わりから時間が経つにつれ

楽しい思い出と筋肉痛が増殖中です



鼻水、くしゃみ…、喉の痛み、悪寒…。

やばい、忘れろ、知らんふり、知らんふり。

何とか佐久平サービスエリア到着後はあまりの具合悪さに沈むようにシートで仮眠。

完全に風邪ひきました。

楽しみにしていた大会の前日なのに…。

今回は走らないで帰ろうと思いながら会場へ。


IMG_1749000.JPG
IMG_1757000.JPG













先着隊が既に前夜祭の席取りのため並んでいるというでは。まだ4時半前なのに。

悪寒がするのでタイツやカイロを仕込み、靴下も2枚重ねで会場入りし前夜祭「前」から軽く乾杯。

すると調子悪かった体に変化が!調子いい!

結構盛り上がり

スナックエステマで2次会まで

この時は体調は絶好調 (と思っていました)
前夜祭はネオスさんのブログでどうぞ!
..............................................................

IMG_1873000.JPG
レース当日

3時起床し外に出ると寒っっ。

何コレ、冬か?ってぐらいの寒さ。

体調はいいのか悪いのかよく分かりません。

ただずっと鼻水はタラーーー。

トイレには朝から数回も駆け込む有様。


「スタート1分30秒前です」のコール。

よ~ぢさんと一緒にようやくスタートラインへ到着。

すぐさまスタート。


何だか緊張感のないユルユルの感じでした。

キロ5分半ぐらいのスピードで話しながらゆっくり

のはずが…。

標高が高いせいもあるが、体調がヘン。

明らかにキロ5分後半の心拍数の感じではない。

よ~ぢさんとは40分ぐらい一緒に走り、付いていけなくなり先に行ってもらう。


これ多分10km持たないよなぁって感じの出だし40分。

どこでリタイヤしようか

そればかり考えながら10km通過し、横岳中腹(標高1,908m)20km通過。

ここからのダウンヒルで感覚がちょっと麻痺?

気持ちよくなってしまいました。

もしかしたらいけるかも。


そんなポジティブな気持ちをへこませる腹痛が。

体調悪い上に冷たい雨で腹が冷え、下りのテンポで腸がシェイクされたよう。

30km地点のトイレに駆け込もうとすると

数名並んでいる。

先頭に並んでいたのはよ~ぢさん。あ、何かよ~ぢさんも調子悪い顔している。


ここのトイレはパス

次のトイレまで我慢し先を急いだ。


しかし厳しい状況が…。

トイレ行っておけばよかった。後悔が…。

笹藪に入るか?

いいポイントはないか?

木の葉を使うか、Tシャツ破るか、いやグローブだと片手で5回はいけるなとか考えながら

殿筋を総動員し何とか35kmの稲子湯到着。

即行でトイレ。


至福のとき

生き返りました。

この後65kmあることなんてすっかり頭から吹っ飛び

後ろから来るランナーを見るとリタイヤのことも言えずまた走りだす。


するとすぐに来ました。。

腹のヘンな音。 ゴロゴロ、キューって感じ。

イタタタ。

そしてまた同じことを考える。笹藪に入るか…。。


そんな中、ゼッケンが一つ違いのランナーが前を走っていたので声をかけると

何と宇都宮在住の方で

走っているコースも同じようなところ

ついつい話が盛り上がり体調の悪さも紛れた感じがしました。

42kmでリタイヤするつもりだと話し40kmのトイレで分かれる。

リタイヤ地点の42キロのゴール地点。

応援バスで応援に来てくれていた妻にもリタイヤを勧められるが

いけるところまでと脚を先に進めてしまった。
IMG_1880000.JPG

IMG_1879000.JPG









IMG_1883000.JPG



この後何度トイレに駆け込んだだろうか…。

特に役場のトイレにはお世話になりました。

トイレに駆け込み、その後蕎麦を頂き、またトイレ。

一体何分いたのか。。


おかげでその後の数キロはこの日一番の走りかな。

折り返しで会うランナーを見ていると

ナイスな帽子のそ~さん発見!

あんさんや、よ~ぢさん、前夜祭で会ったランナー、城内坂ウルトラで一緒の部屋だったランナー、

どっかの大会で一緒だったランナー、同じTシャツ着ているランナー、

気を紛らわせるためにもいろんなランナーに声を掛けさせて頂きました

IMG_1891000.JPG
体の調子は腹の調子を除けば何とかなりそう。

これはゴールまでいけるぞ。

71kmのエイドで確信し馬越峠へ進入。

(温泉入ればよかったかな)


登りはいいんです。いくら急でも長くても。

下りになると例によって腸がシェイクされて、ヘンな音が…。

山頂からの下りで見える建物は全てトイレに見える。

気を紛らわせるため後ろ向きで走ってみたり。


走る振動って便秘に効くことを改めて実感。

腸を結べないのか、肛門に何か詰めるとどうなるのか、そんなアホなこと考えながら

何とか87km地点多目的センター到着。

ここのトイレのいいこと

本日初の洋式に加え、冷え切った体に優しい保温カバー。

ここにずっと住みたくなる気がするぐらいの天国。

うどんも2杯頂き、この日何度目かの生き返り。


でもすぐにまた…。

そんでフィナーレにふさわしく(?)天気はこの日一番の大荒れ

道路は川状態だし

冷たい雨が突風と一緒に襲いかかってくる。


脚痛そうなランナーや辛そうなランナーに声を掛けながら自分も一歩一歩ゴールへ。

5kmってこんなに長かった?ってぐらいの最後の5kmは長かった。

疲れもあるが、ずっと5km毎に寄っていたトイレがラスト5kmにはないんです。


IMG_1894000.JPG

























ようやく会場のアナウンスが間近に近づき

最後は寒い中ずっと待っててくれた妻と併走し一緒にゴール

首からかけて頂いたメダルはすぐに妻に渡し

そのままトイレへ…。


トイレの中でゴールの感動を。

よかったよ、ゴール出来て


ゴールタイム11時間52分ぐらい。


ゴール後は腸どころか悪寒や咳、くしゃみや鼻水…。

皆さんのゴールを待たず着替えて帰路に付きました。


今年の野辺山は腹痛に泣かされました。

来年は気持ちよく完走するぞぉ!
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
さんぽ
性別:
男性
ブログ内検索
アクセスカウンター
忍者ブログ [PR]