忍者ブログ
[297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週末大会のあった奥久慈。

大子の地では桜がちょうど満開。

レース後の帰路にこのような場面に出会いました。



IMG_0894000.JPG





























車中からチラっと見えた情景。

すぐさまUターンし車窓からの一枚。

廃校になった小学校かな?


満開の桜に木造の校舎。



誰もいませんでしたが

歌とか声とか

そんなの聞こえてきそうな…。


そんな一期一会

しばしレースの疲れを癒されました。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
タイムスリップ
38年前に卒業した小学校は、木造2階建てでした。中学校も木造(平屋)で、どちらも卒業から数年のうちに、鉄筋の校舎に建てなおされてしまいました。
中学1年の時の校内駅伝大会の4区で、25チーム中23位でタスキを渡され、14~15人ごぼう抜きしたことを思い出しました。残念ながら、1秒差で1年生の区間賞を逃したんですけどね・・・。
ザトペック 2009/04/17(Fri)00:19:49 編集
無題
今では見かけなくなった木造校舎と桜の花、懐かしくなる風景ですね。
映画などのロケにも利用されそうですね。

酔~いどん 2009/04/17(Fri)00:29:54 編集
桜が咲くこと
 良い写真ですね。
痩せた土壌でも結構大丈夫な桜ですが、木々との競争には弱く、
山では間伐など人が手を加えないと枯れることが多く、
身近では公園や学校など人が作った他の樹木のない環境で元気に花を咲かせています。
 そんな人が長く関わり、また人の暮らしを見下ろしてきた桜には、
人が生きてきた記憶が刻まれているように思えてなりません。
 この桜には、沢山の子供達の笑顔が見える気がします。
河童 URL 2009/04/17(Fri)07:35:16 編集
oh!
 昭和♪っぽくていいですねっ! さりーは木造校舎の時代はよくわかんなーい♪ さんぽさん、よくみつけてくださimaしたねっ!
         ・・・すんません。
さりーちゃん 2009/04/17(Fri)07:56:00 編集
イイ
いい雰囲気ですね。
時計がまたいい。
本当に生徒の歌声が聞こえてきそう。
Hocke URL 2009/04/17(Fri)09:28:36 編集
いつか
こんなところで生きていたような・・・。
遠い、記憶に・・・。
ヨッシーの父 2009/04/17(Fri)17:51:08 編集
無題
>ザトペックさん
中学校1年の時から速かったんですね。
1秒差、ずっと忘れられないでしょう?
この校舎案外近いので一度是非見てください。

>酔~いどんさん
すごく情緒溢れるシーンでした。
映画で見るような人物達が出てきそうなそんな校舎でしたよ。

>河童さん
なるほど。だから桜は人間と一緒の生活をしているように感じるんですね。
この桜も校舎も人間によって長年愛されてきたんですね。

>さりーちゃん
おいおいおい!
分からないわけないでしょ
ちょっと忘れていただけですよね、きっと。

>Hockeさん
あらホント、時計も付いていましたね。
あの位置ですよね、定位置は。

>ヨッシーの父さん
思い出してきましたでしょ。
Papaさんもこういう校舎で駆けていたのでしょうか
さんぽ 2009/04/18(Sat)06:01:11 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
さんぽ
性別:
男性
ブログ内検索
アクセスカウンター
忍者ブログ [PR]