忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

全国的に寒波の週末、1/12-13

IMG_7361000.JPG予定していた山スキーは悪天候のためゲレンデに変更しスキーを楽しみました。

楽しんだスキー場はスキーヤーオンリーの高畑スキー場。

今回も山板で滑ったが、ゲレンデ脇のラフを結構楽しめた。

リフト下も滑ってみたが…、案の定係員にマイクで注意されました。
でも、リフト下は最っ高の深雪でもう…、ちょっと脳汁が。

1日目は悪天候の中でも最終リフト運転まで楽しみました。





冬場初のテント泊。

テントにポツポツ、サラサラ、雪の音。IMG_7393000.JPG
結構冷えたようだが、テントの中は盛り上がりました。


ガッツリ飲んで飲んで早めの就寝。
疲れたうえにたっぷりのアルコール漬けの身体は時折吹く強風も無視できるほど。
5人でのテント泊のためか想像していたほど寒さは感じなかった。



朝起きると20cm以上は雪が積もっていました。

外は寒いのでテントでまったり。

朝方合流した仲間も入れてテントで朝から酒盛り。IMG_7390000.JPG
しゃぶしゃぶ、餅、ラーメン…。
何とも言えない、い~い時間が過ぎます。

持ってきた相当あった酒類も空が目立つようになった頃、ようやくゲレンデへ。

この日は冷えた。
気温マイナス6℃、風もあるので相当寒く感じる。

3本滑りテントに戻って再度まったり。

スキーも良かったが、それ以上に初の冬テント泊が良かった。
それはまるでスィートルーム。

IMG_7406000.JPG
































  応援ありがとうございます
PR

1/5 最高の天気の中、西大巓に山スキーに行ってきました。

グランデコスキー場トップからバックカントリーに足を踏み入れるとそこはもう…。

感動の世界でした。


IMG_7128000.JPG


























 

5d65ac42.JPG



























IMG_7217000.JPG

























今回は6人で行きましたが、皆その絶景を目にし奇声が止まりません。
磐梯山、猪苗代湖、さらには那須の山までがそのモンスターの先に見えました。

いつもはトレースの付いている雪を後方から付いていくので、今回は先頭も行かせてもらいました。誰も踏んでいない雪をコースをとりながら登っていくのは、後から付いていくよりはるかに疲れるし気も使います。

この雪の中でも汗だく。サクサクの雪を握って顔に付けたり、口に入れたりしながら山頂を目指します。

IMG_7280000.JPGIMG_7255000.JPG













まずは山頂から北東のオープンバーンを滑走。IMG_7270000.JPG

一面どこも処女の深雪斜面の滑走は気持ち良すぎ。
それぞれ好きなようにトレースを付け存分にこの雪を楽しみ放心状態。
メンバーは皆、その技術はスゴイ!

登り返してまた滑って、悪戦苦闘した一面もあったが、大満足。

帰りはフカフカの雪をスキー場目指して楽しみながら滑ります。

ゲレンデ到着後は脚が…。IMG_7196000.JPG
こんな状態って。
脚全体に力が入らない。
外れた板をはくことが出来ないぐらい疲れ切っていました。

今回は色々と勉強することも多かった。
身体全体が疲労困憊になるぐらいのスキーを楽しんだのは初めてかも。

ゲレンデを滑り切ってから皆で握手。

この日はスキーやっていて良かったと思える瞬間が何度もありました。

コレだから山スキーは止めれない。




   応援ありがとうございます 





ようやく冬と会ってきました。

家を出て車で1時間ちょっと。

職場ではちょうど始業の時間にマイナス5℃の世界に到着。

IMG_6215111.JPGIMG_6281000.JPG














更に1時間。

今年初のスキーは丸沼スキー場へ行ってきました。

天気予報は雪。

コース脇のパウダーを期待し、板はSNOOP DADDYを持って行きました。

IMG_6219000.JPG
















期待していたパウダーには会えなかったが久々のスキーは良かった

天気はあっという間に吹雪。

軽く積もった新雪がキュキュキューって鳴るからまたたまらない。

でも今日はゲレンデ板だったなぁ。

IMG_6262000.JPG



























今年初のモノトーンの世界を存分堪能。

滑ってはグッピグッピ

あ~、幸せ。

仕事している皆さん、ゴメン。

IMG_6261000.JPG


















   応援ありがとうございます  
4/30は燧ヶ岳に行って来ました。
前日の「塩原湯けむりマラソン」の疲れもあったがスキーとなれば3時起きでも電光石火のごとく布団から飛び起きれる。IMG_1236000.JPG
御池到着8:00。天気はピーカン。お~!思ったより雪がある。初めからシールで登り出す。汗ボッタボッタで思いの外難儀するが、熊沢田代まで来ると燧山頂が…。約1年ぶりで見るその雄姿は何とも言えない素晴らしさ。
森林限界を超えた頃目にする周りの山々の景色がまた素晴らしい。IMG_1288000.JPG新潟方面の山々から日光連山まで一望出来る。
一踏ん張りし11:20山頂到着。
あと1ヶ月も経つと水芭蕉が咲き乱れる尾瀬ヶ原は雪に覆われている。
(写真:↑熊沢田代より燧ヶ岳山頂、尾瀬ヶ原と至仏山→)
雪にビールを埋めて早速1本滑る。滑った分登り返さないといけないので軽めでやめビールを目指し再度山頂を目指す。
12:20ビールを飲みながら大休止。最高のひととき。ビールだけでなく、ウィスキー、焼酎、つまみは刺身まで登場ですっかり飲みモード突入。
いい気分になったところで滑降開始13:00。楽しいし気持ちいい。Woooh!大声が自然と出てしまう。IMG_1412000.JPGゲレンデを滑るより難しいがずっと気持ちいい。頭が変になるぐらい楽しい。
あれだけ苦労して登ったのも下るのはあっという間。
15:25滑降終了。いや~ボロボロに疲れたが、充実感でいっぱい。これだから山スキーはやめれない。

今シーズン初のバックカントリースキー。

天気は崩れると考え予定を西吾妻山から変更。
どこの山かは言えないぐらい素晴らしすぎる南会津の山。ピークは2,089m。

午前8時前に登り開始。山頂を眺めながら尾根をスキーで登ります。

IMG_0519000.JPGIMG_0526000.JPG













IMG_0533000.JPGIMG_0534000.JPG














登りは先客のトレースのお陰で楽に?登れましたが、、、いやいや決して楽な道のりではなかった。
汗はボッタボッタ、息はハァハァの標高差1,200m弱を約5時間登ってようやく山頂。
これでラッセルもあるとなればとても山頂までは…。自分の体力の無さが情けないぐらいだった。
先客の方々に山頂までラッセルして頂き申し訳なかったです。

天気は低気圧の合間でうまいこと晴れてくれ景色は最高だった。

IMG_0535000.JPGIMG_0538000.JPG












山頂からは日光連山や飯豊連峰までくっきり。

p05.jpgIMG_0549000.JPG












誰のトレースもない処女の斜面はどこから攻めても感度はvery good!!

パウダーは腰上ぐらいはあるだろうか。滑降はそのパウダーの中、悲鳴の様な大声を出しながらバホッ、バホッとターンを切る。

口の中には粉雪が…。耳には頭から脳汁がたれてきそうな快感。決してスキー場では味わえないだろう。


下まで滑降すると天気も崩れ雪が降ってきました。

あァ~、いい週末だった。満足だけどすごい筋肉痛と朝4時起きだったので体がぐったぐた。

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
さんぽ
性別:
男性
ブログ内検索
アクセスカウンター
忍者ブログ [PR]