忍者ブログ
[233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日光白根駆けてきました。

素晴らしいコース、自然を堪能し、本気で遊んできました。

(今回のレポ長いっす。覚悟して読んでください!)


0c3ad856.JPG










午前7時、小降りの雨の中スタートの号砲。

気が緩んでいたのか号砲に全く気付かず慌てて走り出す。
 
1.5kmぐらいロードを走っただろうか、いきなりトレイルへ。

湿った森の薫りが身体に入ってきた。久々のトレイルに身体も心も喜んでいる。


 
菅沼に向かっての下りがこれまた気持ちいい。

と、喜んでいると前方のランナー2人が「○○がない」と言って立ち止まっている。

「え、財布がない?」と聞き返すと「コースがない」と言う。CIMG0002275.JPG

確かに目の前に広がる菅沼脇のトレイルの先にはコースではなく柵があった。
 
自分の後方に付いてきたランナー10人ぐらいで引き返す。

気持ちよかった下りもコース違いと分かり登り返すときはガックリ。。


 
間違えた分岐まで戻りで合流すると渋滞が始まっていた。

軽く出ていた汗も引き、心拍数もやる気も完全に落ちた。



コースは丸沼温泉環湖荘から南へ~1.5km付近から東のトレイルに入り、菅沼の脇を抜け国道トンネルをくぐり丸沼スキー場~山頂駅~白根山~五色沼~前白根~五色山~弥陀ヶ池~山頂駅~蛍塚山横をスキー場下まで~大尻沼~丸沼温泉環湖荘の27km

 
IMG_0126000.JPG






















まだ始まったばかりと気持ちを切り換え走っているとよく利用している丸沼スキー場に出た。

滑ると大したことない斜面だが登ると案外登り応えがある。




CIMG2295000.JPG




























ここら辺から何だか腹がグーグー鳴り出した。

エイドも近いから我慢しようかと思ったが我慢できずドーナツを食す。

足りない。朝もしっかり食べたのに…。緊張感がないのか空腹感がすごい。


 
間もなくゴンドラ山頂エイド到着。

応援に来てくれてた妻より先頭ランナーとそんなに離れていないことを聞く。

ならばとエイドでゆっくり食事。CIMG2286000.JPG

饅頭、カステラ、オレンジを大量に頂き、ここからギアチェンジ。

気持ちはやる気マンマンになった。
 


ここから白根山の登りまでは飛ばすつもりで取りかかった。

何人抜いたか。結構抜きまくった。
 
途中のスタッフにも笑顔で声を掛け、指示させる方へ走る。

しばらく登っていると何だか前方でザワザワ。

もしかしたら悪天候の為のコース変更かと思ったら、どうもコースが違うらしいとのこと。

も、もう戻りたくない。スタッフに指示されたコースだから、このまま進もうかとも考えたが…。

しばし立ち止まって、じゃ戻るか。

一応スタッフに聞いてみようと思ったが、自分より先に質問していたランナーが多数。

スタッフも間違えて教えられたらしく、何だかかえって可哀想に見えた。



 
せっかく盛り返した気分もここでプッツンと切れ、軽い疲労感すら出始めた。

ごちゃごちゃ渋滞した列には、レベルの違う速いランナー、似たようなランナーと色々。


 
なんだかすっきりしない中、視界が開けた。

白根山頂が顔を見せた時に気持ちが変わった。久々に見るその山頂は登り手のやる気をそそってくれる。

気持ちをリセットし夢中で登り始める。

 

CIMG2301000.JPG



























CIMG2308000.JPG




















 








コースは山頂手前で東の避難小屋への下山ルート。

途中のガレ場の中には青々としたトリカブトが綺麗に咲いていた。
 
急な岩場の下りをガツガツ攻めていたら左膝にピーンと痛みが走った。

な、何。。まさか…。

確認しようと脚を付くと確かに痛みがある。

かばいながらゆっくり下山。抜いてきたランナー達にごっそり抜かれる。

避難小屋前でストレッチし痛みのある部分の周辺の張りを指でグリグリほぐした。

多少は良くなったがレース継続は諦め、五色沼から弥蛇沼に抜け登山道を国道へ出ようと考えた。

悔しい気持ちが込み上げるがしょうがない。


 
五色沼のスタッフに申し出ようと思ったら、「頑張って!」の声援を受けた。

棄権するとも言えず「頑張るよ!」と応えてしまった。

もうタイムも順位もどうでもいい。

ゴールまで歩くことに決め開き直って「すいません、シャッター押して下さい」と撮影と頼んだ。


 

CIMG2315000.JPG
 











CIMG2318000.JPG

前白根山への登りは水が大量に出てちょっとした沢登りの感じだった。

水場でしばしアイシング。

脳天までツーンとくる冷たさで痛みが引いてきた。

後ろからランナーが来たので水場を譲り登り始めることに。

登りは全然痛くない。高速で登っても大丈夫だ。



 
CIMG2321123.JPG
 
 
























 
 
CIMG2324000.JPG


















CIMG2326000.JPG
登りで攻めて、下りは歩こう。
 
 
すっかり気持ちはレースではなく個人山行トレランの感じ。

前白根山でもスタッフに写真を撮ってもらう。





 
前白根山頂から五色山への稜線がまるで何かのカタログのようにキレイだった。

 
CIMG2327123.JPG









































ここは走るよなぁとばかりに走る。気分が良くなり痛みを忘れ下りも走る。

ん、案外いけるぞ。

五色山へ取りかかりその下山まで一時調子が良くなった。


 
調子ついていたらまたも激痛が、今度は痛みの部位も大きい。

今度こそ歩けない。

ケンケンしながらスピード落とした。

もはやこれまでかと思った。


 
色んなことを考えながら、ずっと歩いた。

ランナーの足音がすると脇に逸れ、中には「頑張りましょう」と声を掛けてくれるランナーもいた。
 
斜度が緩くなるまでの歩いた間に20人以上に抜かれた。

順位は気にしないつもりでいたのに、やはり悔しい気持ちが…。
 


痛めた脚をかばいながら高速歩行で先を急いでいると六地蔵前に妻がいた。

「結構速い方だよ」と思わぬ言葉が。


そうか、じゃもう少し頑張るか。


IMG_0169000.JPG




















その先のエイドで冷水を3杯膝にかけスキー場を駆け下りた。


ここでまたもコースアウト。

前後にランナーがいなかったので勝手に右にコースがあると思い下ってしまった。

あれ、ここは往路で見た場所。

間違ったかなぁ。

その先のトレイルには入らず、しばらく遠くに見えるエイドを眺めているとランナーが見えた。

明らかに逆の方向へ下っているでは…。

この日3回目。

必死で登り返した。ここは前回2回のコースアウトとは違い完全に自分の不注意。

この日一番の汗が吹き出した。
 
スキー場は芝生でフカフカなので走っても膝は大丈夫だった。

その先はあまり勾配もなく走りやすくかったので前方のランナーを数名抜けるぐらい。

 
CIMG2330000.JPG


























 
膝は下りを高速で攻めない限り大丈夫なようだ。

大尻沼に取りかかる前の下りで女性に抜かれた。

コース間違える度に目にした女性ランナーだ。

彼女の下りは上手だった。

感心しながら後を追ったが途中追いつき、抜くのもどうかと思いながら抜いてしまった。

(総合女性の部で表彰されていたので女性3位のランナーかな)
 
大尻湖、大沼湖畔では気持ちよく走れた。

不思議と痛みはどこかに消えたようだ。

会場のざわめきが聞こえだした頃、後ろから凄いスピードで迫ってくる気配がする。

ここまで散々悔しい思いをしているので、ここは本気で逃げた。


 
川の中をバジャバジャ。

冷たくて最っ高に気持ちよかった。

スタッフのコース選定のセンスはGoo!



IMG_0154000.JPG






















そのまま駆け抜けゴール。

タイムを止めることを忘れてたのでゴールタイムは定かではないが多分5時間12分後半だろう。
 
遅くても正午(5時間内)まではゴール出来ると考えていたレースだったが、考えは甘かったようでした。
 IMG_0135000.JPG




























自分にとってオンサイト。これが実力、価値ある完走でしょう。
 



CIMG2333000.JPG















IMG_0174000.JPG

IMG_0179000.JPG











  
  
一緒に参加したよ~ぢさん、あんさん、お疲れ様でした。



レース後、今回優勝した横山さんとお話することが出来ました。

図々しくも一緒にパシリ。
CIMG2332000.JPG
憧れのランナーだけに嬉しい一枚。  

もうこれだけでも大会参加した価値ありかな。


アクシデントも含め十分楽しめたレースでした。

来年も多分出るでしょうね♪



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お疲れ様でした。
3度のコースアウトにもくじけずに完走するって、精神的にもすごいですね。
自分だったら、ブン投げているかも^^;
ネオス URL 2008/09/02(Tue)23:08:43 編集
無題
さんぽさんの様な山歩きに慣れた人が3回もコースアウトするなんて、すごいコースですね。
でも、それが返って自然を相手に走っているって感じがして良い大会の様ですね。
酔~いどん 2008/09/03(Wed)00:19:53 編集
地図、地図!
レポ、ありがとうございました。楽しく読みました。
膝、大丈夫ですか?無理せぬよう。
コース間違いかぁ。オンサイトだからしょうがないけど、地図読む時間がもったいないかぁ。俺はもっと間違いそうです!
やますきーお 2008/09/03(Wed)02:29:33 編集
MSMC
コースアウトって・・・そういう世界なんですね。
MSMC 2008/09/03(Wed)05:13:30 編集
お疲れ様でした。
いくつかのハードルを乗り越えてのゴールの、結果に関係のない満足感がこちらにも伝わってくるようです。
今晩、エビス片手にじっくり読み直したいと思います。
ありがとう!
河童 URL 2008/09/03(Wed)07:36:45 編集
無題
>ネオスさん
何度もブン投げそうになったんですが、参加費のこと考えたらもったいなくて…
ただレース後のダメージは富士より大きいです。。

>酔~いどんさん
この大会のコンセプトは「本気で遊ぶ」でした。
コースアウトしてみてその意味が分かったような気がしました。
でも、コースアウトは街歩いててもよくします

>やますきーおさん
地図ザックに入れているだけじゃダメなんですね。
肝心な頭に入れておかないと…。
オンサイト楽しむためにも念入りに地図読んでおくべきでした後悔してます。

>MSMCさん
そういう世界なんです
コースアウトは初めてですが、大会自体は楽しいものでしたよ。一度走ってみません?
ちなみに大会じゃないですが、山走ってて天然の熊と会ったこともありますよ

>河童さん
いえいえ、こちらこそありがとうございます。
せっかくのエビスが不味くならないといいんですが…。
自分もたまに飲みながら猿板見て楽しんでいますよ
さんぽ 2008/09/03(Wed)17:41:15 編集
山あり!谷あり!
何はトモアレお疲れ様様でした!何か感激のレポでしたよ!!いいねぇ。。六月に肘を痛めてから思うようにバドが出来ずでいたけどここへきてテーピングをして何とかラケットを振ることが可能に。。RUNもシカリ。。体を思いっきり動かせるってほーんと、幸せ感じますよん!!もんもんの毎日の中、さんぽさんのブログでとっても元気が出ました!!14日は太田市で開催のB団体戦!!11月にはつくばM.フルのエントリーまでしてしまいました(^^♪頑張るぞう!!有難うございます!!そうそう。。縁の下の力持ち。みなちゃんにも感謝!!
カルちょこ 2008/09/03(Wed)20:49:29 編集
やっぱり
乾杯でした。

ありがとう
河童 2008/09/03(Wed)21:35:07 編集
無題
さんぽさん、先日はお疲れ様でした!
皆さんにお会いできてとっても楽しい大会になりました。ほんとは人見知りなのでお会いするまでドキドキだったんですけどね(マジ)

コースアウト、膝痛とアクシデント続きでしたが、最重要事項の「どんな時も楽しむ事を忘れない事」しっかり守る事ができましたね!
私もちゃんと守ってゴール出来ました。
来年、きっとまたポチッとしている事と思います^^v
あん 2008/09/03(Wed)21:35:36 編集
DVD
さんぽさん。ご無沙汰してます。
はやみくんです。

長いレポは後程ゆっくり読ませていただきますが
まる高10周年DVD、届きました。
今から早速見させて頂きます。
今日は寝不足覚悟で出勤だ。

本当にありがとうございました。
はやみくん 2008/09/04(Thu)00:24:34 編集
私には無理
イヤ~、登りも下りも走るというのは私の想定を
越えています。実は赤城のレースのあと夜行列車で
剣周遊をして来ました。剣御前への標高差約500mを
48分、軽装にしたおかげで最速タイムでした。
池ノ平小屋へ泊り翌日は黒部へ、景色を楽しみました。
Hocke URL 2008/09/04(Thu)08:54:24 編集
想像を絶する闘い
私のような田園ランナーには
想像を絶する闘いのように思えます。

諦めないこと・・・これはどんなレースにも共通していますね。心に刻んでおきます・・・・・おっと、過去何度もそういう風に刻んだのに・・・。
ヨッシーの父 2008/09/04(Thu)13:32:53 編集
お疲れ様でした。
 さんぽさんご苦労様でした。
膝は大丈夫ですか、コースミスや万全でなく攻めきれずに
やや悔いが残る所ですが、それ以上にレースを
楽しまれたと思います。膝を大事にして又頑張って下さいね。
店長 2008/09/04(Thu)13:52:16 編集
楽しみ~
さんぽさん~。
楽しんでますね~~~♪
文中から切り替えの早さ、充実ぶりが伺えます。
今週の土曜日、久しぶりに一緒に飲めるのを楽しみにしています。
やまとそば 2008/09/04(Thu)17:53:58 編集
無題
>カルちょこさん
バトにランとパワフルですね
そういえば、肘痛めてるって言っていましたね。大丈夫ですか?無理しないようにしてください。
つくば出るんですね。もしかしたらまた30分記録を縮めたりしてね

>河童さん
最後まで読んでいただきありがとうございました。
河童さんに乾杯

>あんさん
お疲れ様でした。
十分楽しめたレースでしたね
今度はガッツリアフターまで楽しみましょう!
本来、自分もよ~ぢさんもアフターが本番みたいなもんですから

>はやみくん
寝不足になりましたか~?
ティッシュ必要だったでしょう!
荒川のあたりで

>Hockeさん
大会の後そのまま山へ。いいっすねぇ
ビールと日本酒をいっぺんに飲んだ感じですね。
しかしすごい行動範囲です。
(私には無理

>ヨッシーの父さん
チト大げさに書いてしまったかも…。
諦めかけましたよ、何度も。
山だったから棄権出来なかっただけです
ロードだったらどうだったか。。

>店長さん
心遣いありがとうございます。
膝は2日休んだらすっかり良くなりました
悔しい思いはぼんやり忘れかけ、楽しいことだけが大きくなってきています

>やまとそばさん
今週末、こちらこそ楽しみにしています。
今年はトレランシューズでしか山に入っていないので山靴を久々に出しました
楽しみましょう、山での飲み会
さんぽ 2008/09/04(Thu)20:11:43 編集
筋肉痛はいかが??
ロードからトレイルに入るとき、さんぽさんの5~6人後ろに自分、居たんですよねぇ。実は・・・
でも、ミスコースするようなところあったかなぁ??

これからは、スクワットとかして登りに適した筋肉を強化しようかなぁ~なんて考えながら自分の家までの坂を登っていましたが、来年はどうかなぁ~??
花火の予定とずれていれば出るかなぁ??
よ~ぢ 2008/09/04(Thu)22:13:25 編集
ようやく
>よ~ぢさん
筋肉痛ようやくよくなってきました。
それにしても今回はダメージが強く残りました。
お互い肝臓ばかり鍛えていたんじゃだめですね~
初めのコースアウト、地雷を踏むとこんな感じになります。(写真追加しておきました)
あんさんもしっかり別集団でこの地雷踏んでいたようです
来年もいきますよ
さんぽ 2008/09/05(Fri)04:45:35 編集
初めまして
初めて書き込みさせて頂きます。
城内坂UMのグーグル検索でたどり着きました。

今年の城内坂UM参加予定です。
昨年のレポ参考になります。

初めての100キロ完走目指して走りたいと思います。
よろしくお願いします。。。
イチロ URL 2008/09/05(Fri)12:29:24 編集
>初めまして
>イチロさん
はじめまして。
書き込みありがとうございます。
今年の城内坂出るんですね。
ブログ拝見いたしました。
奥武蔵完走しているなら大丈夫ですよ
でも100km完走したら多分涙出ますよ!
こちらこそよろしくお願いします。
お互い存分楽しみましょう!
さんぽ 2008/09/05(Fri)19:00:30 編集
あれ・・・
お疲れ様です。
道を間違えたひげです。
私が映っている写真が2枚もあるじゃないですか・・・
ひげ 2008/09/07(Sun)01:40:22 編集
>あれ…
>ひげさん
コメントありがとうございます。
大会お疲れ様でした。
ひげさんの写真実は3枚ありますよ
さんぽ 2008/09/07(Sun)18:40:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
さんぽ
性別:
男性
ブログ内検索
アクセスカウンター
忍者ブログ [PR]